図書館収集方針

図書館資料収集方針

制  定  平成28年12月20日

最終改正  平成29年 4月 1日

図 書 管 理 委 員 会 決 定

(趣旨)

1.この方針は、和歌山大学クロスカル教育機構学術情報センター図書館規程第8条に基づき図書館資料(以下、「資料」という。)の整備のための収集について必要な事項を定める。

(収集の目的)

2.和歌山大学クロスカル教育機構学術情報センター図書館(以下「図書館」という。)は、教育、研究及び学習のための利用要求に的確に応えるため、資料を収集し、教育研究の基盤となる蔵書を構築する。また、地域の発展に寄与する学術研究を推進し、地域創生を牽引する人材を育成する資料を整備・充実させる。

(収集の原則)

3.図書館は、本学教職員の教育,研究ならびに学生の学習及び教養の涵養に必要な資料を収集する。また、図書館の保有する特色ある資料の整備・研究に必要な資料、及び地域に関する資料を収集する。

(収集の範囲)

4.収集する資料は、その方法を問わず図書館が利用者に提供可能な文字、図画、映像、音声等の情報を、その範囲とする。

(収集基準)

5.収集の基準およびその具体的な選定基準は、別に定める。

(収集方法)

6.資料の収集方法は、購入、寄贈、交換等の手段を活用して行う。

   附 則

 この方針は、平成29年4月1日から施行する。

 

図書館学生用図書選定基準

制  定  平成28年12月20日

最終改正  平成29年 4月 1日

図 書 管 理 委 員 会 決 定

この方針は、図書館資料収集方針第5項に基づき、学生用図書の選定に関して次のとおり定める。

1)図書、雑誌(電子ジャーナル含む)、データベースや、研究用図書との配分を考慮しつつ、学生利用の多い図書の収集を積極的に行うものとする。

2)授業科目のシラバスに掲載されている図書、及び授業科目の学習に資する図書を選定するとともに、学生の一般教養の涵養に資する図書、学生の進路・キャリア形成、学生生活に資する図書を広く収集する。

3)次の分野について収集を行う。
① 基本分野
教育学、経済学、理学・工学、観光学分野については、重点的に収集を行う。
② シラバス掲載図書および授業科目分野の図書
カリキュラム編成や変更に留意し、シラバス掲載図書については網羅的に、それ以外の授業科目分野の図書については積極的に収集を行う。
③ 一般教養
授業科目分野以外の分野については、幅広い知識の涵養に必要な資料の充実のため、学術書を中心に選択的に収集する。
④ 資格、キャリア形成
学生の進路・キャリア形成に資する図書については、最新情報の提供に留意し、選択的に収集する。
⑤ その他
学生の知的好奇心を喚起するため、新書・文庫について、選択的に収集を行う。また、学術書以外の図書については、学生の学習に資する資料を選択的に収集する。

4)収集にあたり、様々な観点から選定できるよう、教員推薦、職員選書、学生希望の選定方法を設ける。

5) この方針に定めるもののほか、図書館における学生用図書の整備に関し必要な事項は、図書館管理委員会が別に定める。

   附 則

 この基準は、平成29年4月1日から実施する。

 

学生用図書整備5ヵ年計画(2017-2021)

1)基本計画

学生用図書選定基準により、毎年、次の図書を収集する。

①基本分野 出版状況に応じて重点的に収集する
②シラバス掲載図書/授業科目分野 シラバス掲載図書は網羅的に収集する
授業科目分野は分野バランスを是正するため、年毎に重点分野を定める
③一般分野 分野バランスを是正するため、年毎に重点分野を定める
④資格・キャリア 最新版への改版、時宜にかなった資料を選択的に収集する
⑤その他 文庫・新書の内、岩波文庫、岩波新書は継続とする。
その他の文庫・新書は選択的に購入する。
  • 各分野の調整、重点分野の選書は職員選書の範囲で行い、教員推薦については各学部の方針を優先する。
  • 資料費の予算執行計画は、従来どおり毎年の図書委員会で決定する。

2)選書方法

  • 教員推薦:各学部配分の学習用資料費から、各教員が推薦する。
  • 職員選書:選定方針に基づき、職員が出版案内等を参照し選書を行う。必要に応じて専門分野の教員に指導助言を依頼する。
  • 学生希望:学生が適宜希望する図書を、選定方針に基づき選定する。

3)重点的に収集する分野(②授業科目 ③一般)

年  度②授業科目③一般
29(2017) 自然科学、産業(観光学含む)、言語、文学 総記、哲学、言語(特に収集率が低い言語)
30(2018) 歴史・地理、法学・経済学 自然科学、産業、芸術
31(2019) 哲学、教育(家政学、体育含む) 技術・工学、歴史・地理
32(2020) 技術・工学、芸術 社会科学、文学
33(2021) 社会科学、総記(情報学含む) 全般的な収集状況により決定

※出版状況により適宜分野の入れ替えを行う

4)毎年の収集割合(目安)

次の割合を目安とし、出版状況により調整する。

[参考]重点的に収集する分野NDC分類(8版)対照表
年度②授業科目③一般
29(2017) 自然科学(400-499)
産業(600-699)
言語(800-859)
文学(900-993)
総記(000-099)
哲学(100-199)
言語(860-899)
30(2018) 歴史・地理(200-299)
法律(320-329)
経済(330-339)
自然科学(400-499)
産業(600-699)
芸術(700-799)
31(2019) 哲学(100-199)
教育(370-379)
家政学(590-599)
体育(780-789)
歴史・地理(200-299)
技術・工学(500-589)
32(2020) 技術・工学(500-589)
芸術(700-779、790-799)
社会科学(300-390)
文学(900-993)
33(2021) 社会科学(300-319, 340-369, 380-399)
総記(000-099)
全般的な収集状況により決定

②授業科目:本学の開講科目に合わせて分野を調整している

③一般:日本十進分類表(NDC)類目表(一次区分表)による