【報告】図書館LAビブリオバトル2018!

2018年6月29日

 2年目となった、図書館ビブリオバトル。
今年の発表者は、院生のラーニングアドバイザーだけでなく、教員、学部生、学外の方と、
多彩な顔ぶれがそろい、6月26日、27日、29日の昼休みに、3回にわたって開催しました。

それぞれがおすすめする本を持ち寄り、5分間のプレゼンをした後、参加者全員でどの本が一番読みたくなったか、投票を行いました。

本をとおして楽しく、集まった人と交流できるこのようなイベントを、今後も続けていきたいと思っていますので、ご期待ください!

なお、紹介された図書で購入できるものは現在発注中です。

第1回発表本のリスト

 

発表本

発表者

1

『本を読む本』M.J.アドラー, C.V.ドーレン [著]

; 外山滋比古, 槇未知子訳

経済学研究科

浅倉幸弥さん

2チャンプ本

『考えなしの行動』

ジェーン・フルトン・スーリ, IDEO著 ; 森博嗣訳

システム工学研究科

吉野孝先生

3

『ファーブル昆虫記』

ジャン=アンリ・ファーブル著 ; 大杉栄訳

経済学研究科

阿部秀二郎先生

4

『わかやまの「はたらく」』

Petersoxこどもラボ著 ; 前田有佳利編

教育学研究科

孫工季也さん

 

 


発表風景1


発表風景2


発表風景3



 

 

第2回3回発表本のリスト

第2回

発表本

発表者

1

『一〇五度』

佐藤まどか著

岬町 中学校司書

清谷睦さん

2

『酒の起源 : 最古のワイン、ビール、アルコール飲料を探す旅』

パトリック・E.マクガヴァン著 ; 藤原多伽夫訳

教育学研究科

華山恵志朗さん

3チャンプ本

『僕は君たちに武器を配りたい』エッセンシャル版

滝本哲史著

教育学研究科

齋藤和輝さん

4

 

『ロボット--それは人類の敵か、味方か』

中嶋秀朗著

システム工学研究科

前田孝次朗さん

 

第3回

発表本

発表者

1チャンプ本

『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた 』

ルイス・ダートネル著 ; 東郷えりか訳

システム工学研究科

岸村直輝さん

2

『京大式deep thinking : 最高の思考力』

川上浩司著

観光学部

西川聖哲さん

3

『日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか 』

内山節著

システム工学研究科

亀井碧さん

 


発表風景1


チャンプ本決定


発表風景2