【報告】図書館LAビブリオバトル!

2017年12月21日

 12月4日(月)、12月19日(火)の2回にわけて、図書館LA(ラーニング・アドバイザー)によるビブリオバトルを行いました。

小説やノンフィクションなど、それぞれがおすすめする多彩な本を持ち寄り、5分間のプレゼンをした後、
参加者全員でどの本が一番読みたくなったか、投票を行いました。
今年度は、これで最後の開催となりましたが、来年も新しいLAのメンバーを含め、また開催したいと思っています。
発表者の学内募集も考えていますので、どうぞご期待ください!

 

第1回発表本のリスト

第1回

発表本

発表者

1

『サピエンス全史 : 文明の構造と人類の幸福』

ユヴァル・ノア・ハラリ著 ; 柴田裕之訳

教育学研究科

上野舞斗

2

『「学力」の経済学』

中室牧子

システム工学研究科

平松幹洋

3

『嫌われる勇気』

岸見一郎, 古賀史健

教育学研究科

孫工季也

4

チャンプ本

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』

橘玲

経済学研究科

浅倉幸弥

 

 


発表風景1


発表風景2


発表風景3



 

 

第2回発表本のリスト

第1回

発表本

発表者

1

『世界から猫が消えたなら』

川村元気

観光学研究科

瀧本慎一

2

『パラレルワールド・ラブストーリー』

東野圭吾

システム工学研究科

岸村直輝

3

『阪急電車』

有川浩

経済学研究科

高浜快斗

4

チャンプ本

『数学の言葉で世界を見たら

: 父から娘に贈る数学』

大栗博司

システム工学研究科

前田孝次朗

5

『優雅に叱責する自転車』

エドワード・ゴーリー著 ; 柴田元幸訳

観光学研究科

王皖慶

 

 


発表風景1


発表風景2


投票中