大学史資料室について

大学史資料室について

和歌山大学は、和歌山師範学校、和歌山青年師範学校、および和歌山高等商業学校をルーツとする和歌山経済専門学校を包括し、1949(昭和24)年に新制大学として発足しました。

このような大学の歴史にかかわる資料を収集する作業をおこなうため、2012(平成24)年、自校史等資料保存活用作業部会が設けられ、資料収集、整理に着手しました。

2018(平成30)年10月、これらの活動を引き継ぎ、大学史資料室を設置しました。資料室は、本学の歴史に関する資料の適切な管理を行うことにより、本学の円滑な管理運営に資するとともに、教育、研究及び社会貢献に寄与することを目的としています。

大学史資料室の事業

  1. 資料の収集,整理及び保存に関する業務
  2. 資料の利用,展示及び公開に関する業務
  3. 資料のアーカイブ構築に関する業務
  4. 資料の調査研究に関する業務
  5. 記念誌の刊行に関する業務
  6. その他資料室の目的を達成するために必要な業務